□■□■□■□■ フルート始めたばかり □■□■□■□■

★★どうしたらいいんだろう?と悩んだ時に、 読んでいます。
うまくなろう!フルート

★★毎日の基礎練習に使ってます。
朝練フルート

★★ 呼吸法・体のしくみが知りたい。
管楽器の呼吸法―呼吸法・喉とアンブシュアの関連性  
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング 
音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために 

2005年05月31日

続・じみぃ〜な練習

今日も引き続き、じみぃ〜な練習していました。
ただ、ぼけーーーっと吹いてしまうと、なんだったんんだろうこの時間は・・・。
みたいな気持ちだけが残ってしまいそうなので、目的意識をきちんと持って
やらないと意味がないかも。どんな練習でもそうなんだけど。

で、ひとつひとつの音、指の動きを確認しながら練習。
常にビブラートを意識して。

なんだかいまひとつ音がでないなと思ったら、フルートをおいて思い切り歌ってみた。
その後に、フルート吹くとこれまたびっくり。かなりイイ感じに音が出たりするんだな。
歌うときもビブラートを意識して、出ない音を歌う。
高い音は、歌うのかなりきついからフルート吹いていてもきついのかな?なんて
思ったりして。

低音はビブラートを意識すると音がひっくりかえってしまう。
息のスピードが早すぎ。もっと、ぼぉーーーーってあったか〜い息なんだよね。
わかっているんだけど。それを優先すると、ビブラートがもうやだ〜(悲しい顔)

そんなわけで、練習終わったらかなり疲れた。


posted by debdeme at 16:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

ドレドレドレドレ〜♪

さて、きょうは雨だし。じっくりとフルートでも練習しますかぁ〜と。

まずはロングトーンから。しかも、ビブラートで。
ぅふぅふぅふ、と息を強く出したり引っ込めたり。一拍のあいだにそれを3連符で刻んで
みたり16分音符で刻んでみたり。
タンギングをしないで、息をふっふっふっときるような練習。
リズムを刻んでいるのがすぐにわかってしまうので、これがランダムにふわんふわんふわんと
ゆらいでくれるとよいのだが。。。

とにかく意識してビブラートつけるように練習をしないとね。

そのあとは、曲でできない部分を分解して練習。
まずは、ドレドレドレ〜るんるん、ミファミファミファミファ〜るんるんと。
すごくじみぃ〜な練習。こういう練習の積み重ねだって、わかっているのだけど。
やっぱりじみぃ〜な練習は好きではない。
こんなこと言っているからいつまでもうまくならんのよねぇ〜がく〜(落胆した顔)

しかし、それぞれの指の特長、反応が鈍い指があったりなどがわかるから、
やっぱりきちんとやるべきなのだろう。
ハイハイ、がんばりま〜すぴかぴか(新しい)

ということで、本日はじみぃ〜な練習だけで終わりです。
posted by debdeme at 17:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

レッスン

フルートのレッスンは10:00から、その前に軽く音出しをしてからレッスンに
行こうと思っていたのになんと寝坊。
慌てて飛び出してギリギリ、レッスンに間に合った。
音出しもしていないから、とんでもないレッスンになるかと思っていたのだが、
ロングトーンはなかなかGOODわーい(嬉しい顔)な音が出てきたので、あれ?ってな感じ。
ここのところ、調子がいまいちだったのに。
ビブラートのかけ方を中心にレッスン。
いちおう、ビブラートかけているつもりなのだけど。
全然かかっていないみたい。あ〜あふらふら、どうしましょ。
残りあと10分ほどの時間で曲の練習。
タリラリタリラリタリラリラ〜と32分音符の音階。
低音のラから始まって、高音のファまで。途中のド#からレで
指がバタバタとしてしまう。
練習のときも、ここのところを重点的にやっているのだけどがく〜(落胆した顔)
全然、できてないじゃん。
ということで、音を分解して練習するようにとのこと。びぃ〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

で、発表会までレッスンはあと4回。
かなりあせります。

そういえば、発表会のときってヒラヒラした洋服?
何着ていけばいいんだぁ??なんて、そんな心配も浮上。
やっぱ、ジーンズじゃだめだよねふらふら
posted by debdeme at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

下唇が・・・

赤くなっています。これってフルートの頭部管押しつけすぎなのでしょうか?
1時間ばかり練習したらちょっと痛いです。
意識して力を抜いているつもりなのに・・・、力がはいっているようです。
はぁ〜〜、がっくりもうやだ〜(悲しい顔)
そんなわけで、明日は朝からレッスンです。
posted by debdeme at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

悩む・・・。

フルートの管が割れそうな勢いでキィーキィーした音しかでないんですけど。
それに、高音も出ないし。
もう、キィーーって。こんな余裕のない気持ちで練習しているから音もそうなっちゃうのかもね。
反省です。

posted by debdeme at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

私の音って・・・。

家の中でずっと眠りっぱなしだったボイスレコーダ。
たまには使ってあげないといじけちゃうよね、とゴソゴソ探してみると。
やっぱり、乾電池がすっかり切れて使い物にならない。
で、乾電池を探してこれで準備OKと。
さて、なにしようとしたんだっけ?

そうそう、自分の音がどんなもんか聞いてみたい衝動が。。。。
こわいものみたさってな感じでしょうか。
先生には、自分がフルート吹いているときに感じる音と聞いている人が感じる音が
違うとよく言われる。
ビブラートをかけているつもりでも、聞いている側は全然そうは聞こえないと。

録音されたものをおそるおそる聞いてみると、まさにその通り。
のっぺりした音楽(?)でビブラートのビもなく、あえてあるとするならば、
ブレスし忘れて苦しくて音がブルブルがく〜(落胆した顔)しているという感じ。
ちょっと寂しすぎですねもうやだ〜(悲しい顔)
強弱ももっとおおげさにやらないと伝わらないし、その前にこののっぺりした
薄っぺらな音と演奏にガックリもうやだ〜(悲しい顔)

自分のフルートの音が確認できたことは、気分よくはないけど今後の
練習の参考にもなってよいのだけど。また悩みが増えてしまった。
こんな音で発表会、いいのかな?
posted by debdeme at 23:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

まずい。。。

今週末は、フルートレッスン。ど〜しましょ。
発表会の曲、指使いはあやしいし、音はきちんとでていないし、もちろんビブラートなんてとんでもございません状態。
練習時間はまだまだたっぷりあるけれど。
レッスンの回数と時間を考えるとそれなりに仕上がってないと、まずいでしょ。
前回のレッスンでも、ピアノの伴奏と全然あっていないし。

そんなわけで、曲を集中的に練習。
指使いがあやしいところ、音がきちんとできらないところ。
楽譜を見直してみると、スラーのところがスラーになっていなかったり。
スタッカートの部分とそうでない部分の区別がついていなかったりと。
洗い出せばきりがない。
一番は音。もっとやさしい音が出したいのにイメージしている音がでない。
とダメダメをあげだすとイヤになってくる。

が、ここであきらめたらお金もらって演奏できるようになる夢も終わってしまう。
とりあえず、黙々と練習あるのみ。かな?


posted by debdeme at 23:13| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

スウィングガールズ

スウィングガールズ スタンダード・エディション観ました。
めちゃくちゃ、いまみんなで一緒に音楽演奏したい気分です。
吹奏楽に夢中だったときの頃を思い出しながら、一緒にスウィングガールズのメンバーの
一員になっていました。

そうそう、みんなとの息がぴったりあってひとつの音楽が出来上がった時のこと、
コンクールに向かってがんばっていたときのこと、定期演奏会の練習で何度も怒られたときのこと
などなど。。。
いままでの経験と映画のストーリと重ね合わせながら観ていました。
とっても楽器が演奏したくなる映画です。

□■□■ DVD □■□■
スウィングガールズ スタンダード・エディション

スウィングガールズ スペシャル・エディション


□■□■ 本 □■□■
スウィングガールズと始めるジャズ入門
スウィングガールズ オフィシャルブック


posted by debdeme at 02:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

ロングトーンをひたすら・・・。

ただただ、ひたすらロングトーンだけ。

特に高音は音がでなくても、ばっちい音でもよいから唇の力を抜くことだけを
意識して練習。
音が出ないとどうしても唇を横に引いてしまいます。そうすると唇の摩擦音ばかり。
とにかく、唇の力を抜くことに集中。

前歯の裏の上のほうに息を出すようなイメージを持つとソ#が出やすいみたい。
今日の練習をしたところによると。
また、下から上がっていくイメージより高いところから下に向かって落とすようなイメージ(?)
を持つと意外と出やすい。
これは、オペラでその他大勢の合唱をやったときに声楽の先生から高い音の出し方の練習で
やったのを思い出してやってみた。

フッフッフッフッフーーーとタンギングしないで、息だけ出す練習をしてみました。

ひたすらロングトーンした後に、曲の練習をちょこっとだけしたら音がかる〜く出るような
気がした手(チョキ)
posted by debdeme at 17:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

足元をチェック

うまくなろう!フルートではよい音を出すための姿勢として正しい立ち方が写真付きで掲載されています。
正しい立ち方は、『ハ』をひっくり返した形で、かかとがくっつくような立ち方。これが基本で
足が少し前に出ていても、多少足が開いても、また平行でも構わないと書かれています。
正しくない立ち方は、『ハ』の形。つま先がくっついているような、この本ではだらしない立ち方
として書かれています。

それを読んで、正しい立ち方なんていまさら言われなくても、ちゃんとできているよん。
な〜んて思って、いざフルートを持ち立った姿を鏡にうつしてみてみると、
ななんと、だらしない立ち方で思い切り立っているじゃありませんか。

確かに、みためあんまりかっこよい姿ではない。
早く気がついてよかった。でもこれっておそらく習慣になってしまっているものだから、
気をつけねば。。。気を抜いたら、だらしなくなってしまいそう。
発表会のときに、くれぐれもこんな姿で演奏しないようにこれも注意だわん。
posted by debdeme at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

H-dur

ロングトーンのあと音階練習をしてみた。
H-durって♯が5コがく〜(落胆した顔)
ファ、ド、ソ、レ、ラ、ファ、ド、ソ、レ、ラと呪文のように、♯のつく音を
確認しながら吹いてみたが、あれれれ〜exclamation&question頭がごちゃごちゃに。

レ#だからミ♭、ラ#だからシ♭でなどなどやっているより、勢いと
自分の音感(?)にまかせて一気に行ってしまったほうが、
サラサラ〜るんるんっと吹けるみたい。
あとは、指が言うことを聞いてくれれば申し分ないのだけど、
脳からの信号がちゃんと届いていないのか、指の反応がワンテンポ遅れているようで
こまる。

高音域はさすがに辛いふらふら
ファ#以降、『ブゥーーブゥーー』しかならないんですけど。
posted by debdeme at 22:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の練習はお休み

というと聞こえがいいけど、ただサボっただけふらふら
うまくなりたいと思いつつ、サボってちゃうまくなれないよね。
毎日の練習の積み重ねでフルートうまくなることは充分わかっているのだけど、
ついつい、うまくなるためのノウハウみたいなテクニックに走っていくのは、
私の悪い癖。
すべて毎日の積み重ねがあってのことです、ハイあしたは練習しよっと。。手(チョキ)
posted by debdeme at 01:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

のどが痛い

風邪ではなく、のどを意識しすぎた練習のせいなのか、のどの奥のほうが痛い。
レッスンの時の、先生がフルート吹いているときどんなだったか思い出しながら、
ビブラートをかけてロングトーン。
そうそう先生は吹いているときに、のどのあたりが震えている。それがビブラートをかけている
ってことなのだと思われる。
私にはそのような変化はいまひとつない。
あとたまにのどが鳴るって言っていた。う〜んふらふらまったくどういうこと????

posted by debdeme at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のどをあける

のどの力を抜いて、のどをあけてと先生から言われる。
のどに力がはいっていると、音が伸びないような気がする。
力を抜くのは、意外と簡単にできるのだけど、のどをあけるというのが・・・・・。
イメージ的にはわかる。
それをフルート吹いているときに実行するとなると、ちょっと微妙。
もう少しのどの周囲の筋肉を鍛えないといけないのかな?すごくのどの奥が疲れるん
ですけど。。。。
これって、力がはいっているということ?
などと悩みが尽きないのです。
posted by debdeme at 01:13| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

ペンシルホルダー

練習中、ささっ〜とメモしたいするのに書くものを探した経験ありませんか?
ペンホルダーを譜面台に取り付けておけば、練習中に言われたことを
すぐに書き込むことができるから便利なのです。

ペンシルホルダー
ペンシルホルダー
posted by debdeme at 16:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習で使っているもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

レッスン

月2回、第2、4週の土曜日30分間のフルートレッスンるんるん
あっという間の30分なので少し物足りない。
自分で練習していてギモンに思っていたことなどなどたくさんの質問、
アドバイスを受けているとすぐに終わってしまう時計

今日も、教本が終わって、さて発表会の曲をやりましょうと言った時点で
残り10分。
発表会までの練習はあと5回がく〜(落胆した顔)

7月末なので、自分の練習時間はたっぷり
あるのだけど。

レッスンってこんなものなのかな?もう少し時間を延長してできるとよいのだけど。
でも他の生徒さんとのスケジュール調整があるみたいで難しそう。

そうそう、発表会は、お金を払って参加するのにちょっとびっくり。
まあ、お金払って聞きに来る人はいないってことかもうやだ〜(悲しい顔)

お金払って聞きに来てもらえるような演奏が早くしたいな手(チョキ)
posted by debdeme at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

練習

フルートの練習、本日さぼりましたパンチ
1日お休みすると3日分の遅れを取り戻さなくてはいけないのだそうな。ふらふら
posted by debdeme at 01:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

明日はレッスン

明日はひさびさに、レッスンの日なのであやしいなと思った部分について重点的におさらいを
しておく。とはいっても、レッスン当日にうまくふけるかというと微妙ではあるが・・・・。
教本の練習曲もただ吹いているだけだとつまらないので、どんな感じに吹いたらよいかと
考えながら吹いてはみるものの、なんだかのっぺりしたつまらない感じになってしまう。
強弱を意識すると、まだ音の出るポジションが明確になっていないためなのかな?、音が
ひっくり返ってしまったり上がりきれなかったりする。
ド#またはファ#が特にそう。とっても音が出にくい。くせものはド#で、ロングトーンの
時には出にくさを感じないのだが、動きがあると非常にでにくい。
指を開放してしまうときに、楽器のポジションが維持できていないような気もする。

楽譜をパソコンで書くソフトを見つけたので、毎日の練習を楽譜に書いておこうと思う。
簡単にかけるのでおもしろい。
posted by debdeme at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月11日

音が出ない

またしても、音が出ない状態に陥ってしまった。これのよい解決方法はないのかな?
フルートの音とは思えないような、ばっちい音しか出てこないもうやだ〜(悲しい顔)

こういうときこそ、きちんと練習すべきなのだろうと思うのだけど。

かなりモチベーションが下がってしまったので、
いつものロングトーンと曲の気になる指使いの部分練習。
いい感じで脱力ができるとよいのだけど。
どうも力を抜こうとしての力んでいるような。


ということで、読み物系でヒントになることを見つけてみます。
難しいと読んでいてもいやになってしまうけど、うまくなろう!フルート
とってもわかりやすく幅広くフルートのことについて書かれている。
なにより読んでいて楽しい。

明日の練習にはこういう練習取り入れてみようとか、こんな感じで吹けばいいのかとか。
今日みたいなどうしていいのかわからない〜って時に、ヒントがみつかるから。

毎日、先生、またはフルート吹きの仲間と一緒に練習できればどうしたいいんだろうって、
アドバイスを求めることができるけど、そういう状況ではないから・・・・。

うまくなろう!フルート


posted by debdeme at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月10日

昨日と同じ

練習はきのうと同じように。他に考えごとしながら練習していたので、いまひとつどんな感じだったかの記憶がない。練習は集中しなければぁ〜。
posted by debdeme at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。