□■□■□■□■ フルート始めたばかり □■□■□■□■

★★どうしたらいいんだろう?と悩んだ時に、 読んでいます。
うまくなろう!フルート

★★毎日の基礎練習に使ってます。
朝練フルート

★★ 呼吸法・体のしくみが知りたい。
管楽器の呼吸法―呼吸法・喉とアンブシュアの関連性  
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング 
音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために 

2005年12月09日

ポジションゼロ?

小学4年生の姪が今年から吹奏楽をはじめた。
私としては、フルート、クラリネットまたはサックスあたり
がいいんじゃないかぁ〜と思っていた。
って、私の吹いた経験のある楽器だから。

なのに、彼女はホルンを選択した。
ホルンは現在、誰もいないからということで。

でも誰もいないって、誰にも教えてもらえないってこと。
顧問の先生はピアノの先生で楽器のことはわからないらしいし。
外部から先生を迎えて指導というのはありえないというし。

で、彼女は独学で教則本とにらめっこしながら格闘中。
なんとか音は出るようになったけど。
最近はホルン吹くのつまらないだって。
私は、楽器吹くのが楽しいなぁ〜と感じてるから
つまらないと聞くとなんか寂しい。

だから、なんか少しでも楽しいと思うのならその気持ちを維持できる
ようなことしたいと思う。
楽譜にドレミをふったり、一緒に手を叩いてリズム(これあんまりあてにならないけど)
とってみたり。

でもホルンの吹き方とかは・・・。
『ポジションゼロってなに???』
『ポポポポジションゼロ?うん???、それはゼロってことだよ』
『????』

んなこと聞かれてもわからないよな〜。
う〜ん、金管楽器も吹いておくべきだったか・・・。

posted by debdeme at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ホルンの1日
Excerpt: 中高生のみなさんにオススメ!心地よい吹奏感で大変吹きやすいモデル。明るめのサウンドが特徴。また音程も良く操作性も申し分なしです。ヤマハ独特のオリジナルの巻き形状でスムーズな吹奏感を得られます。世界も認..
Weblog: 金管楽器のレビュー
Tracked: 2007-08-05 20:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。