□■□■□■□■ フルート始めたばかり □■□■□■□■

★★どうしたらいいんだろう?と悩んだ時に、 読んでいます。
うまくなろう!フルート

★★毎日の基礎練習に使ってます。
朝練フルート

★★ 呼吸法・体のしくみが知りたい。
管楽器の呼吸法―呼吸法・喉とアンブシュアの関連性  
音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング 
音楽家ならだれでも知っておきたい「呼吸」のこと―美しく豊かな歌声のために 

2005年12月05日

練習しなくちゃ。

今週末はレッスンと伴奏合わせ。
伴奏合わせと聞くとそろそろだなぁと実感がふつふつ。

それなのにぃ〜、練習しながら昨日の演奏会の余韻に
浸ってしまった。
懐かしい第九の楽譜ひっぱりだしてきてカラオケCDと
ともに歌ってみたりスコア持ってきてフルートパートをさらってみたり。
まあ、全然吹けな〜いもうやだ〜(悲しい顔)なんだけど。
発表会終わったら遊んでみることにしよっと。

ってまだ発表会終わってないし。

『アルル』、『アルル』、『アルル〜』。

そうそう、土曜日に楽器屋さんでちょっと見てもらって、
フルートいい感じ手(チョキ)

でももっと練習しなければ&土曜日には楽器屋さんに行くものかと。

楽器みてもらったあと、ちょっと吹いて確認してみてくださいって。
えっ〜〜、人いっぱいいるじゃん。
音がでれば誰だって、誰が吹いてるんだ!って見るじゃん。
え〜〜〜、という中で確認してきた。
やっぱり、音でないし・・・。
楽器屋さんも、ここだと人がいっぱいいるからいつも通り吹けないと
思いますけど、なにか不都合があればまた持ってきてくださいって。

はぁ〜、ありがとうございました。

あのような場でもさりげなく吹けるようになりたい。
というか、フルートもって歩いていたらいつでもそれなりの
演奏ができるようになりたいもんだ!

やっぱり練習かぁ〜〜。
posted by debdeme at 10:09| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

区民でつくる演奏会 いっぽ・イッポ・み・ら・い・へ

すごくすごくすご〜く久しぶりに演奏会行ってきました。
もしかしたら、今年初かも。

いっぱいいっぱいいろんな演奏聴くこと大事なんだろうけど・・・。
なんか最近ついついご無沙汰で。

これは私の姪ふたりが出ているので観にいきました。
合唱は区民からなる合唱団と、子どもたちからなる合唱団。
そして、オーケストラが東京フェスティバルオーケストラ。

指揮者の先生とソプラノの先生は、豊島区民でつくる
第九のとき大変お世話になった先生なのでこれもまた楽しみのひとつ。

そんな前提条件がいくつもあったのですごく楽しみだった。

で、感想。
やっぱり音楽は楽しいのが一番。
演奏者が楽しんでいるから聴いている私も楽しい。
できることなら、私もいますぐ客席から舞台にあがって
いきたい!って気分。
うまいとかへたとかそういうことでなく、楽しめる音楽って
いいな。

それに生の音は心が洗われる。
モヤモヤしたものがすっーーーーっと澄んでいく。

たのしかったなぁ〜。

来年は、もっといろんな演奏会聴きにいこう。
それと・・・・・、客席ではなく舞台で座っていたいなぁ〜!

区民でつくる演奏会




posted by debdeme at 23:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発表会

あともう2週間後にせまっています。

12月18日の日曜日です。
クリスマスジョイントコンサートってことで、私の先生の生徒さんが集まって
やるのですが・・・。
びっくりしたのはそのプログラムの数。
全部あわせて55プログラムらしい・・・。
ひぃ〜〜。

前回の夏の発表会は楽器屋さんのホールみたいなところで
こじんまりとやったのですが・・・・。
今回は舞台もあって客席も200席くらいあるところみたいだし。

そんなことを考えると緊張してきますねぇ。

発表会といえば、ちょっとしたトラウマがあって。
小学5年生のとき、はじめての定期演奏会でサックス4重奏と
いうのにでたんですが。
4人とも極度の緊張?で音が全然でないし、曲になってないしで大変でした。
演奏しているほうも聴いているほうもみんなハラハラドキドキ。
サックスってふつ〜に吹いてラクラク音が大きいんですよね。
それが聞こえないっていうんだから・・・・。
かなりのpppppp(これくらいあるpはなんていうのでしょうかね?)

またそんなことになるんじゃないかと、あ〜こわ〜〜。

クリスマスジョイントコンサート



posted by debdeme at 23:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

なんか違和感。

ここ数日、な〜んとなくな〜んとなくフルートの音が
でにくいような気がしてならない。
いきなり、全然音がでないのなら即楽器屋さんに行くのだけど。
そういうわけでもないからどうしたものかと悩んでしまう。

吹き方が悪いのか、たまたまでないのか。
フルートって、きのうもうガンガンいけていても、きょうは全然ダメダメと
いうことあったりするから微妙。

さすがに、きょうもなんか音がつまっているような
気がするので、楽器屋さんに持っていこうと思う。
これで音がでないのなら吹き方の問題ということで。
とりあえず、原因と思われることは取り除いておこう。

もうすぐ発表会だし。楽器だけでも完璧にしておこっと。
posted by debdeme at 14:27| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギャップ

本屋さんに行ったらなんと315円でCD売ってました。
お〜、この写真はどこかで見たことのあるような・・・。
そして、ゴソゴソと探して見つけちゃいました、『アルルの女』。
もちろん、買ってきました。

早速、聴いてみたんだけど・・・・。
こんな風に演奏できたらいいなぁ〜としか思えない。
最初の出だしから雰囲気、全然違うし。
遠くのほうでさりげな〜く聞こえてくるというか。
サワサワサワサワって風にのって音符が流れてくるような。
私はというととにかく必死。

はじめの2小節、CDでは一番最後のソの音は余韻というか、
次の音につながるための音というか、
とにかくさりげないって感じがするけど、
私の場合はそこが目的地となっている気がする。
この音を出すために一生懸命階段上っているみたい。

このたった2小節だけでもこんなに違うのだから
もうお話にならないでしょ〜。

今日の練習のときはまず、CD聴いて
よりそんな雰囲気で吹けるようにフルート吹いてみた。
だからといってすぐにうまくまねっこできれば、
苦労しないのだけどなかなかね。

さらに、もっと重要なのはいまの自分のフルートの音。
あまり好きじゃない!
鋭角的でキーンキーンと金属が鳴っているみたい。
もっと丸みのある音が出したいな。

そんなわけで、日々課題がクリアされるどころか
課題に埋もれてしまいそうだなぁ〜。






posted by debdeme at 02:11| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 練習日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。